ダイエットをしたいけど、ストレス発散のために食べてしまう

過食に走っていたときもありました

 

痩せたいと思ったことは何度もあります。しかし仕事が忙しく、さらに疲れているので、運動をする時間も気力もありません。食事制限をしようにも、食べることでストレス発散していた日々を送っていたためなかなか成功しませんでした。気の弱い自分に落ち込み、もうどうでもいいやとさらなる暴飲暴食をしたりすることもありました。

 

すべては仕事のストレスのせいなんだと思います。このころは、何か食べないと気が収まらず、おなかはそれほどすいていないのにいつも何か食べていました。過食症の傾向もあったと思います。太ると体も重くなるので、動きたくなくなったり、外に出るのが億劫になったりもしました。それとともに、気持ちの面でもそういう傾向がではじめ、何かを考えたりすることすらめんどくさくなってしまったのです。唯一やる気がでるのは、食事を作っているときで。食べ終わると罪悪感にさいなまれました。夜はお酒を飲んでしまうので、飲むとまた食欲がわいてきてしまい、食べる、という最悪な日々を送っていたのです。